他の業務に専念できる

売掛金の回収業務のなかで特に不良債権や滞留債権の回収は、どう対処していいか分らず、労力と時間ばかりか精神的にもストレスが溜まってきます。債務者と売掛金回収の交渉をするにしても法的知識がないため、お互いに虚々実々の駆け引きが行われるのが常道であります。今まで支払ってくれなかったものを簡単に支払ってくれるでしょうか。結果的に事業主やその担当者は、本来の仕事を割いて売掛金回収に費やす時間に取られ、本業に支障がでて仕事がうまく回らなくなり業績にも影響しかねません。

このように普段慣れていない複雑な売掛金回収については、専門の弁護士を代理人として依頼することにより、交渉や債務者からの問い合わせ及び、前述のような内容証明郵便の請求書の作成、場合によっては裁判手続きで裁判所に提出する書類・郵便切手・印紙などの準備も弁護士(事務所)がしてくれます。特に書類関係の作成には、文章の書き方や書式のルール・制約があり、それに基づいた不備のない書類を作成してくれます。また裁判所からの連絡や、裁判に関する関係者からの問い合わせから紛争解決まで、一切をお任せすること、で事業主、担当者の時間・労力の大幅な節約と精神的な負担も軽減できるメリットがあります。