弁護士の売掛金回収

ほとんどの企業は、商品を納品した後で約束の期日に代金を支払ってもらう販売形態が一般的です。商品の納品後に発生するのが売掛金です。取引先からの入金が遅れたり、貸し倒れになったりすると資金繰りが大きく影響し、最悪の場合は倒産の危機に陥りかねません。それだけに売掛金の確実な回収は、安定した経営に不可欠です。しかし約定に基づいた通り回収ができず、支払遅延、滞納の問題に直面している会社は少なくないのが現状です。

意外と忘れられがちな売掛金には時効があることです。つまり製造業、卸売業、小売業の場合、売買代金を請求できるようになってから2年を経過すると、時効により売掛金の請求権は消滅してしまいます。くれぐれも注意しましょう。

売掛金回収の基本は、当たり前のことですが日常の売掛金管理なくして回収はできません。例えば、約定に基づいて遅延なく請求額通り入金されているかをチェックし、万が一支払いが遅れたり金額が不足していたりしている場合は、すぐ相手に確認して理由を聞くことが重要です。それを怠ると、気が付いたら滞留債権・不良債権と繋がっていきます。また理由によっては、故意的に支払いをしないケースもあります。社内で解決できそうもない問題は、早期解決のため、まずは専門の弁護士に相談して、回収できそうであれば依頼すると良いでしょう。当サイトでは、社内で回収できない売掛金を弁護士に依頼した場合の回収方法やどのようなメリットがあり回収にどう効果があるのかについて紹介します。